技術紹介

  • 商品のデザイン変更(型の部分的変更やトリムラインの変更など)が容易にできます。
  • 型が低コスト、短納期で製作できますから多品種少量生産に適しています。
  • 大型サイズの成形や深絞り成形への対応が可能です。特に広面積での薄肉成形品に適しています。
真空成形
真空成形
圧空成形
圧空成形
プレス成型プレス成形

他の成形との使い分け

金属プレス加工との比較 よく比較にあがる他の成形法、および金属プレス加工との比較です。

 

  真空・圧空成形 射出成型 ハンドレイアップ法 板金プレス
サイズ ○大型も可能 △設備により制限がある ◎超大型が可能 ◎超大型が可能
色調の変更 ◎材料からの選択が自在 ○大ロットの場合対応可能 ○塗装が必要 ×塗装が必要
外観 ○射出成形に匹敵(圧空) ◎非常に優れている △表面の意匠性が悪い ×塗装が必要
形状の自由度 ○深絞り成形可能 ◎形状の制約が無い ×R加工などが苦手
アンダーカット △ボルトナットのインサートや多少のアンダーカットに対応 ○対応可能 ×困難
インサート
使用可能樹脂 ◎熱可塑性樹脂全般 ○塩ビ系が苦手 ×困難  
適正ロット 小~中ロット 大ロット 小ロット 小ロット
後加工 △周辺トリムミングや穴あけ加工が必要 ◎軽いバリ取り程度 ×困難  
成形サイクル ×遅い
試作確認 ◎試作型で容易に出来る ×難しい 簡易型での試作が可能 △難しい
型費用 ○安価 ×
型製作期間 ○短い ×
型修正・モデルチェンジ ○部分的な修正、変更が比較的容易 ×難しく時間を要する 比較的容易  
型材選択 ◎生産個数・形状に合わせて選択 ×多少に関わらず金型が必要 脂型の使用が一般的 △多少に関わらず金型 が必要
製品納期 ×

圧空成形と射出成形、比較グラフ